<< 花図鑑パート3ですが、ばらを三種 | main | 橋を・・・・秋晴れの河内平野で >>

チチェン・イッツァからのお土産を

ククルカン
ククルカンのピラミッドチャックモール
チャックモール

Gardening 研究会のメンバーであるMr.T.K.が二ヶ月程、アメリカに旅行をしていた。

いまはiPhoneで同時に繋がり、twitterやFacebookなどで時々、

情報を同時に共有し ていました。

旅行はロサンジェルスを中心にNY.Canada.Mexicoなど行動的に動き、

画像も3000枚を越え、整理が大変だったらしい。

取り合えず、2000枚をiPadに・・・! 先日、チチェン・イッツァのお土産を頂きました。
ククルカンチャックモール
メキシコユカタン半島にあるマヤ文明の最大の遺跡である。

ユカタン半島の北部部の平原に位置するマヤ遺跡 チチェン・イツァとは「イツァの泉の湧くところ」という意味である。

チチェン・イツァにはセノーテとよばれる泉が2カ所あり、そのうちのひとつは、直径約60m、水面までの距離が約20mもある「生け賛の泉」と呼ばれる有名な泉である。
 
神殿の急な階段を上りきったところにチャック・モール像が横臥し、後方には蛇の柱が立ち並んでいる。 

半分横たわり、半分座った状態で虚空を見つめるチャック・モールが腹の辺りに支えている皿は、生け贄がまだ生きているときに切り取られた心臓を置くところだ。
 
このような残酷で野蛮な儀式が取り入れられたのは、トルテカ民族の影響によるものといわれているが、生け贄の儀式はトルテカ文明、アステカ文明と時代が経過するにしたがって,中毒化し、大量の生け贄を求めるようになっていった。
MORY'S-WORLD * 建築グッズ * 09:32 * comments(0) * trackbacks(0) * bookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 09:32 * - * - * bookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ