最近は時々に・・・!

梅田
大阪キタに店をオープンしたのは、1995年でした。相棒は自転車で阪神百貨店やその廻りによく、出かけたものだ。 換気塔
アングルとモードを変えてみてのパチリ・・・・! よく出没する場所であったのだが、行きつけの本屋が閉店されたので、別の用事でしか、行かなくなり、 時々の場所になってしまう・・・・'65村野藤吾の梅田換気塔は好きな大阪の建築と大分、前から、いっているのだが、 どう、変化していくか・・・・気がかりだ。
MORY'S-WORLD * 建築 * 13:57 * comments(0) * trackbacks(0) * bookmark

行きつけの歯科医院

らせん階段
何度か、FB,twitterコメントたり、ブログでアップしましたこの螺旋階段・! かれこれ、ここに出来て25年近く、お世話になっているのですね〜 それも浮気せず、同じ歯医者さんに・・・ありがたいですね〜
MORY'S-WORLD * 建築 * 23:37 * comments(0) * trackbacks(0) * bookmark

阪神高速・・梅田出口を・・・(豊中・空港方面から)

ビーハイブ
ひさし振りの朝早くの高速を・・・・大阪空港・豊中方面から梅田へ・・・ 

工事渋滞で、動きが悪く、イライラなのだが、

気になっている出口とビルを ゆっくり(?)拝見したのだ。 ゲートタワービル
ゲートタワービル(ビーハイブ)GATE TOWER Blldg.(BEE HIVE) 

1992年;梓設計+山本・西原建築設計事務所 二本で初めて立体道路制度を利用して建設された道路貫通ビル、区分地上棟の設定により、 円形平面ダブルコア形式の16階建オフィスビルの5〜7階部分を貫く形で、高速道路のランプウエイを 縦貫している。いわゆる道路一体建物ではなく、道路と建物の間に十分なクリアランスを確保した上で 構造的には完全に独立させている。   資料:建築MAP大阪/神戸、TOTO出版
MORY'S-WORLD * 建築 * 21:13 * comments(0) * trackbacks(0) * bookmark

建築家を目指して・・梅田スカイビルへ

公式パンフレット
大学3年生が全国32都道府県から、

570の作品が大阪の梅田スカイビルに集まりました。

建築家を目指す若き学生の甲子園だ。
N氏とT氏
結構、顔見知りの建築家達の審査ということもあり、

午後3時頃の公開審査風景にお邪魔しました。

スカイビルや近辺の駐車場は満車・満車・・・・・・

遠くの場所でやっと確保・・・!
終了
K大3回生Kさんのしっかりした終了の挨拶で閉会。

今年で4回目なのである。

「新しいフィールドを求めて」建築新人戦にて
MORY'S-WORLD * 建築 * 10:05 * comments(0) * trackbacks(0) * bookmark

街並の中でコルゲート材での工場が

O-1O-3
森の10居から、車で10分位の所なのだが、

かなり、前から生コンクリートの工場が あるのです。

数十年も経っているであろう!
 
正面よりも後ろ側からのショットでアップしてみました。

丈夫な工業資材である。
MORY'S-WORLD * 建築 * 13:14 * comments(0) * trackbacks(0) * bookmark

JIA Design Talk 2012@大阪中之島公会堂

中之島公会堂
十数年通い慣れたキタ・中之島・西天満界隈だ。 山梨氏
発表作品、木材会館、ソニー大崎、ホキ美術館を プレゼンホキ美術館キャンテイレバー
容易に部材を取り替える事の出来るメンテナンスを小規模に 著者と
著者と私 本
MORY'S-WORLD * 建築 * 10:44 * comments(0) * trackbacks(0) * bookmark

街並@大阪駅前

大阪駅前
よく出没する場所ですが、大阪駅の前を阪神百貨店と

専門大店の間を 入った所です。

NTT-DOCOMOのビル、第四、三ビルの高層ビル群、
 
スカイラインが好きです。
MORY'S-WORLD * 建築 * 23:01 * comments(0) * trackbacks(0) * bookmark

ジャン・ヌーベルのアグバル・タワー

バルセロナー2
岡部明子著 「バルセロナ」より、備忘録を

アグバルの水ビジネス

沿岸工場地区を斜めに斬るデイアゴナル通りの終点がペソス河口なら、始点はグロリアス広場になる。グロリアス広場は、セルダ拡張市街地全体の中心、つまり座標軸の原点に当たる。ここに新しいランドマークができた。きれいに高さの揃ったロの字型の建物がびっしり並んだ市街地に、高さ142メートルのタワーが2004年文化フォーラムの年にあわせるように立ち上がった。 フランス人建築家、ジャン・ヌーベルの設計で、弾丸を立てたような形をしている。アグバル・タワーという。裏山のテイビダボから見ると、整然とした市街地にガウデイのサグラダ・ファミリアの尖塔群となんとなくにたような空気をはらんで、親子のようだ。それもそのはず、ヌーベルはこの設計にあたって、ガウデイが1908年ニューヨークにデザインした高層ホテルのプロジェクトを意識したという。また、ヌーベルはアグバル・タワーにカタルニアの奇山モンセラの造形をも重ねている。サグラダ・ファミリアもどこかモンセラを想起させるかたちをしている。 アグバルとは、「アグアス・バルセロナ」の略、バルセロナ水会社の建物だ。水道局の役割である。市の上下水を運営するところが、なぜこんな目立つ建物を建てたのか・・・・・バルセロナの水事業はカタルニア経済独特の強さを物語っている。・・・・・・・・・・アグバル・タワーの造形は、華麗な水事業を展開するアグバルらしく、水のメタファを表している。青や赤に、光りを浴びてきらきら光る6万枚ものガラスで天噴き上げる間欠泉を象っている。(P229〜230)

 とても参考になり、学習しました。
MORY'S-WORLD * 建築 * 22:50 * comments(0) * trackbacks(0) * bookmark

工事すすむ近鉄百貨店

近鉄
梅雨に入って間もない朝、

玄関から天王寺、大阪方面は少し、靄っていますが、
 
工事中のビルも半分はガラスが付いています。

今日は29℃位に気温が上昇する南河内である。
MORY'S-WORLD * 建築 * 08:51 * comments(0) * trackbacks(0) * bookmark

バルセロナ・・・スイーツ・アベニューが・・!

冊子
一冊の冊子からitou

波打つファサードはガウデイへのオマージュ

グラシア通り側からはカサ・ミラが見え、

陽光の角度によっては表情がかわる。

バルコニーの形として連動した造形

www.derbyhotels.com
MORY'S-WORLD * 建築 * 08:26 * comments(0) * trackbacks(0) * bookmark
このページの先頭へ